米ヤフー、決算で大幅黒字達成

そう言えば、私もヤフーショッピングで買い物することが多く

なりました。

通販って手軽で便利なので、巣篭り派がふえるわけです。



この時期、有力企業の決算が相次いで発表されていますが、

10月19日に発表された米Yahoo!の第3四半期(7〜9月期)の

決算も、多くのエコノミストたちに注目される結果と

なりました。



米Yahoo!の売上高は、前年同期に比べて2%増となる

16億100万ドル、純利益は113%増の3億9600万ドルで、

1株当たりでは29セントになったそうです。



Yahoo! Japanで困ったときの基本技・便利技



1株あたりの利益はThomson Reutersがアナリスト予測として

調査・予測した1株当たり純利益は15セント、という予想を

大きく上回りました。1株利益には、2月の就職サービスサイト

HotJobs売却からの利益や、中国のAlibaba.com株売却からの

利益も含まれていますが、それでもやはり、大方の予想を

大きく上回る好業績だったようです。なお、営業利益は

113%増の1億8900万ドル、粗利益率は5.8%からなんと

11.8%まで上昇しています。



ただ、トラフィック獲得コストを除く売上高は11億2000万ドル

となり、前年同期の11億3000万ドルを下回っています。



自社運営サイトにおける広告収入は前年同期に比べて3%増の

8億7700万ドルで、検索広告が7%減少していますが、

かわりにディスプレイ広告が好調だったようで、前年同期に比べ

17%増となりました。アフィリエイトサイトの広告収入は

6%増の5億5700万ドル、課金サービスは15%減の1億6700万ドルと

なっています。



米Yahoo!のCEO、キャロル・バーツ氏は、「Yahoo!は現在、

収益性と売り上げ拡大に向けた戦略を実施している段階」と主張し、

米Microsoftとの検索提携は計画通り進んでいると語っています。

さらに、「われわれは非主流事業を処理する一方で、

Associated ContentやCitizen Sportsなどを戦略的に

買収し、Facebook、Twitter、Zyngaなどと提携することにより、

6億人のユーザーへのサービスを拡大している」とも

コメントしています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。