原監督、来季へ向けてコーチ陣を一新する

野球と言えば巨人という時代は終わりましたが、やはり

巨人は強くないと、と思いますね。



3年連続でリーグ優勝を果たしてきたセリーグの巨人でしたが、

今回、リーグ優勝を逃し、クライマックスシリーズにも出場

できなかったことを受けて、大規模なコーチ陣の入替が

行われました。



コーチ陣の中軸を務めてきた伊原春樹ヘッドコーチを始め、

篠塚和典打撃コーチ、緒方耕一外野守備走塁コーチ、

西山秀二バッテリーコーチの4人が解任されてしまいました。



今年の巨人の敗因は投手陣の不調、という見方が一般的で、

これは球界関係者だけでなく、野球ファン、特に巨人ファンなら

誰でも納得できる敗因です。しかし、投手コーチを務めた

斎藤コーチは責任を追及されることなく、来季も続投することが

決定しているようです。さらに、岡崎郁二軍監督が、伊原ヘッド

の代わりに新ヘッドコーチに就任することも明らかになり、

早くも「おともだち内閣」と揶揄され始めています。



優勝を逃した年、ヘッドコーチを解任するのはV逸巨人軍の

恒例行事とされています。今年の原監督のように、監督の責任を

問えない場合はヘッドコーチが人身御供となるのが伝統です。

ただ、今年の伊原氏はフロントに転出し、編成部のシニア

アドバイザーに就任することが決定しています。



やはり、尾花投手コーチの退任は、巨人にとっては非常に

大きな損失だったのでしょう。尾花コーチの退任を境に、

巨人の投手陣があっという間に崩壊してしまったのは

ファンの記憶にも新しいところですが、この大物コーチの

代役を、果たして斎藤コーチが務めることができるかどうか、

早くも注目されています。



斎藤コーチと岡崎二軍監督は、どちらも原監督のお気に入り、

いわば子分のような存在で、現役時代から続く仲の良さで

知られていますが、楽天の星野新監督のお株を奪う

おともだち内閣が、来季にどんな結果を出してくれるのか、

巨人ファン以外の注目も多いに集めそうです。



ピッチング教材ランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。